スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江戸怪談集』より精神医学史・医学史関連のメモ

『江戸怪談集』高田衛編・校注、上・中・下巻(東京:岩波書店、1989)

江戸の怪談集から抜粋したコレクションを読み、精神疾患と医学関連の素材のメモを取る。

狂気の娘と死骸のこと
旅僧が一夜の宿を乞うた家、男と女が住むが、その場で病の妻が死んでしまい、男は僧に留守を頼んで少し離れて親類を呼びにいく。僧が死骸と二人で待つと、髪が葎のように乱れた若い女がやってきて死体に話しかける。その様子は異様で、死んだと言っては泣き、死骸をくすぐって「笑え」と言ったり、目や口を吸ってうれしそうにけらけらと笑う。妖怪かと思って僧が睨むと「怖い」と言って逃げ出すが、すぐに帰って来ては泣き笑うことを繰り返す。追い出すと、背戸にまわって覗き込んでは「うれしい」などと言い、けがらわしい雰囲気である。のちに男が帰って説明するには、気が違った娘であり、山に小屋を作ってそこに住まわせていたが、自分が出たのをみてやってきたのとこと。(宿直草、上巻 168-171)
>> 留守宅で死骸と二人きりでいると狂人がやってくるというほぼ同じ趣向の話が『諸国百物語』、下巻108にあり。

僧が人を呪い殺すが、逆に狂気となること
僧が女と通じて、それをある男に知られる。金を与えて秘密を守ろうとしたが、その男が人に語って露見してしまう。僧はその男を呪い殺すために人形を作って刀で刺して、結局は呪い殺すことに成功する。しかし、それから10日ほどして、僧は狂気に取り憑かれ、裸になって野を鳥獣のように駆け回り、立ち止まると地から剣が出ては足を貫くと言ってはまた走り回り、草木に触れてもそれを刀で刺されたという。それが三日三晩続いた。とうとう代官に捕えられて馬で村に返されるが、馬上でも剣に貫かれるという。牢をこしらえて、番人をつけて閉じ込めることとなった。(片仮名本・因果物語 100-102)
>> 剣樹刀山の地獄になっている。続く話は下女をあぶり殺した男が火の病をうけて水を与えても火と思い、熱い苦しいと言いながら死んでいく話。

禅と狂気の話
ある僧が座禅して異相奇特を見て、これを悟りを思いこんで、他人を誹謗し思い上がってやがて気ちがいになった。
ある女性が座禅をして悟りを開くように勧められ、30日で三尊の来迎があった。翌日は「口味なくして、味を好む気があった」ので(意味が不明)、前世は猫だったのかと思うと(ますます不明)、その夜猫が来て目の前に現れた。その後、毎夜、猫が来迎した。それを知った和尚が、すべては妄想であり気ちがい煩いであるといったので座禅をやめると、その「気」が減り、来迎もなくなり平穏になった。

よりましの話
よりましの様子。12,3歳の少女を裸にして、身体中に法華経を書いて、両手に御幣をもたせ、120人の僧があつまり、120のろうそくをともして、枕元に檀をおいて、名香を焚きながら、息も継がせぬ勢いで教を読むと、よりつきが成功して悪霊が顕れた。(平仮名本・因果物語、下巻 171-2 )

樹木の精を傷つけたために狂気した話
京に大きな榎の木があり、これは「主」であると考えられて枝も切らなかったが、ある無鉄砲で傲慢な男がこれの枝を払い、幹を切り倒そうとする。用人に伐らせようとしたが、斧をいくつか入れると目くらみがして心苦しくなり、伐り倒すことができない。その夜、若い女が現れて足の傷を見せながら物言いたそうに見つめて泣いたが、男は沸いた茶を女の顔にかけて追い払う。しかし、男はすぐに狂乱し、おめき叫んでは斧を持って己の足手に切り付け、湯を沸かす金属の丸い器をとっては茶を浴びては「熱い、耐えられない」と悩乱すること二刻ばかりして狂い死ぬ。(新御伽婢子、下巻 242-244)

人はなぜ狐に憑かれるか
狐つき。憑くしさいは知りがたいが、憑かれる由縁はわかる(「仔細」と「由縁」の違い、重要だけど意味不明)。内虚するときは外邪がはいりやすく、その隙をうかがっている。人の喜怒哀楽の七情のひとつでも過ぎると心の主人が外に離れることになり、心がうつけの時には、その隙がうかがわれる。本心が正しい人は狐もたぶらかせない。(新百物語評判、下巻 327-332)

らい病患者が食い殺されること
らい病の患者の足にネズミに次々とやってきては食いつき、叩き殺しても続々と現れ、板囲いをつくってもそれを食い破ってはやってくるので、ついにネズミに食い殺されてしまった(宿直草、上巻 120)

らい病患者と人肉食の話
らい病は人肉食によって治療されるという説があり、ある人物が、らい病の気がある知人が死体置き場で小刀で死体から肉を切り取っているのを見る。その知人宅にいくと、彼が寝ていたので不思議に思って訪ねると、死体を食ったせいで口が生臭いという夢を見たという。この話を告げると、彼は世をはかなんで出家して、らいもよくなって乞食をしたという。(片仮名本・因果物語、中巻 178-9)

道祖神と疾病
道祖神のもとは、亡き人のしるしの仏体であるが、長く路傍にあるうちに名も消えて誰も弔わなくなり、亡者の妄念と亡魂で病気を起こす。起こす病気は瘧と疫病。流行るときは、道端に捨てられた石塔を縄で縛り、亡霊を捉えればよい。(新百物語評判、下巻 345-349)
FC2 Management

ナチスの医師と「悪の陳腐さ」

Aly, Goetz, Peter Chroust and Christian Pross, Cleansing the Fatherland: Nazi Medicine and Racial Hygiene, translated by Belinda Cooper, foreword by Michael H. Kater (Berkeley: University of California Press, 1994).

ドイツで行われてきたナチスの医学と障碍者抹殺計画の高い水準を見せつけた書物として非常に著名な書物である。読むのは初めてだが、この本はずっと以前に読んでおくべきだった。特に、ポーランドの占領地で抹殺を実施した解剖学の教授ヘルマン・フォスがつけていた日記と、ベルリンで抹殺計画にたずさわった医師でSSの高級将校であったフリードリッヒ・メネッケが家族にあてた手紙は必読である。「悪の陳腐さ」(アーレント)とはこういうことかと、胸に突き刺さるような形で実感した。

『ピエール・リヴィエール』

ミシェル・フーコー編『ピエール・リヴィエールの犯罪 : 狂気と理性』岸田秀・久米博訳(東京:河出書房新社, 1995)よりメモ 

「病気中、母の乳房が張って、乳が腐ってしまうので、父は乳首を吸って、毒液を吸いだしては床に吐き出してやりました」 60
「誰かが父に向かって、ただ興奮させるためだけなら、あの女と寝てみたいな、といったことがありました。(中略) 父は母との間に大きないざこざがあって以来、夫婦の行為をずっとしていませんでした。しかし、母を興奮させるためだけでよいので、父は最初の晩か二晩目に試みてみました。妹はそれで、おやまあ、お母さんに何をするの、といったので、父は妹に言いました。ねえ、これはおまえには関係ないんだよ。私は、夫が妻にすることを、おかさんにしているんだから。ああお母さんをそっとしておいてあげて。お母さんはしたくないんだから、と妹がいいました。じゃあ、私もお母さんの好きなようにするよ、と父は答えました。父は母と数晩いっしょに寝ましたが、母は羽ぶとんを父にかけてくれないし、枕には羽根が入っていないし、その他あらゆる意地悪をするので、父は自分から別のベッドに寝るようにしました。そして妹と弟は、それ以来ずっと、母と一緒に寝るようになったのです。」 86-7
「昔はシセラを殺したヤエル、ホロフェルを殺したユデト、マラーを殺害したシャルロット・コルデーなどの女性がいました。今や男性のほうこそ、このような熱狂的行動をとるべきであります。啓蒙の世紀といわれるこのすぐれた世紀において、現在支配しているのは女性であります。あれほど自由と栄光を愛好するように思われるこの国民が女性に服従しているのです。その点で古代ローマ人はずっと文明化しており、ヒュロン族、ホッテントット族、アルゴンキン族など、これら知能の低いと言われる民族でさえ、はるかに文明化しており、彼らはけっして力の値打ちをおろそかにせず、彼らにあっては、命令するのは常に、身体のもっとも強健なものでありました。」 104-5.
「私にとって、すべての裁判官とは反対の考えをもつことや、世間全体と論争するのは大きな栄誉であるとかんがえていました。私は自分を1815年におけるボナパルトのように思い浮かべていました。またこうも考えていました。このボナパルトはみずからの益もない気紛れを満足させるために、何千人もの人を死なせた。そこでもしも私が、父の平安と幸福を乱している母を生かしておくなら、それは正義ではない。今こそ立ち上がるべき好機が到来したのであり、これから自分の名は世にとどろきわたるのであり、死によって私は栄光に包まれ、将来、私の考えは世に入れられ、世は私のために弁護してくれるのだ、と考えたのです。こうして私はあの忌まわしい決心をしたのです。」 105

2013年度 医療・文化・社会研究会 第3回例会

2013年度 医療・文化・社会研究会 第3回例会

Medicine, Culture and Society Seminar Series

日時:11月27日(水)17:00~19:00
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎476教室
発表者:磯野真穂(早稲田大学文学学術院)
タイトル:日本における摂食障害言説のローカライゼーション―母親原因言説の
由来を文化人類学的視点から問う
要旨:20世紀後半から欧米諸国と日本に住む若年女性を中心に急激に広がった
摂食障害は、いまや一般にも広く知られる心身症となった。本研究は、日本でい
まだ根強くみられる、母親を摂食障害の原因に求める言説が、日本に特徴的な言
説であることを示し、またなぜその言説が日本に特徴的なものであるのかを、政
治・経済的、社会・文化的な視点から解き明かすことを目指すものである。
 摂食障害の原因を母親に求める言説は、20世紀後半には欧米諸国においても
見られた。しかし欧米諸国や、発表者がフィールドワークを行ったシンガポール
において、その言説が原因論の彼岸に遠のいた一方で、日本においては、母親を
原因に求めることの可否について、社会科学者をも巻き込んだ論争が1990年
代から2000年代前半にかけて起っている。現在は、母親原因説は、医学的に
誤りであるとされているが、現在もこの言説の影響を強く受け内面化する当事者
は多い。
 欧米発の母親原因説が、日本においてより強化された現象は他国では見られ
ず、したがって社会文化的、政治経済的視点からの分析が必要であるが、このよ
うな研究はいまだなされていない。
 したがって本発表は、母親言説を強く内面化した当事者の語りを、物語論の視
点に据え、この言説の救済装置としての役目に着目するとともに、この言説を、
歴史的、社会・文化的、政治・経済的な視点からとらえ、日本における摂食障害
言説のローカライゼーションの輪郭を明らかにするとともに、このローカライ
ゼーションの由来を明らかにすることを目指す。
 また本発表においては、発表者が主に2001年~2003年にかけてシンガ
ポールで実施した調査の結果と、2005年から2010年にかけて日本で行っ
た調査の結果を用いる。

※転送・転載による宣伝、よろしくお願いいたします!

坂井建雄『人体観の歴史』

坂井建雄『人体観の歴史』(東京:岩波書店, 2008)

坂井は解剖学者であると同時に、解剖学史研究の第一人者である。この著作は、解剖学の歴史のレファレンスとして使うのが最適である。解剖学の業績を持つ医学者や哲学者などについての説明とその歴史的な意義が、古代から時代順に配列されている。記述はテクニカルな部分において充実しており、古き良き医学史の洞察に満ちている必携の一冊。
Profile

Akihito Suzuki

Author:Akihito Suzuki
Researching and teaching history of medicine at Keio University in Japan.

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。